ミドリエデザイン

ミドリを自由にレイアウトするインテリアとは?

これから紹介する「ミドリエデザイン」とはまるで絵画のように観葉植物を壁に飾って楽しむ新しいインテリアのスタイルを提唱しています。

 

 

お部屋のイメージや色調に合わせて自由自在に組み合わせることで日常にミドリのアクセントが生まれ、まるでおしゃれなカフェにいるような気分を味わうことが出来ます。

 

 

どうして壁に飾ることができるのか?

 

もし、あなたが壁に観葉植物を飾るとしたらどういう方法を選びますか?ほとんどの人が棚を作って、そこにプランターを飾るという方法になりますよね。

 

 

でも、「ミドリエ」はちょっと違います。プランターを絵画のフレームに見立てて植物が壁に対して垂直になるようにレイアウトすることが可能なんです。まるで壁から直接植物が生えてきているような感じでとても新鮮。

 

 

こんな斬新なレイアウトを可能にしたのは土に変わる新素材「パフカル」のおかげ。

 

 

パフカルに水を限界まで染み込ませてもその重量はわずか1kg程度。超軽量でしっかり保水しているのでプランターを横向きにしても水漏れもせず、ポスターや絵画の代わりに観葉植物を壁にかけて飾ることができるのです。

ケアも簡単!

「ミドリエ」は生きている植物です。だからしっかりと育ててあげましょう。でも、壁に掛けられた植物に水をやるのは大変そうですよね。

 

 

しかし安心してください!「ミドリエ」は壁に掛けたまま水やりできるようにちゃんと工夫されています。

 

 

「ミドリエ」のために用意されているフレームやプランターは全部で4種類。

 

 

いずれの場合も100円均一ショップなどで売っている“つるくびボトル”から専用の注ぎ口越しに水を与えていきます。(コミドリと呼ばれるミニプランターは直接パフカルに注水します)

 

 

ちゃんと給水計も付いているので、上限に達したかどうかは一目瞭然です。だから水の与えすぎや水ダレの心配もありません。

 

 

もし、植物に元気がなかったり、枯れている葉っぱが見つかった場合は以下のようにして対処してください。

 

 

・葉色が悪い、黄色い葉っぱがある。:日照不足が考えられます。問題の葉っぱを取り除いて、日光の当たる場所に移し替えてください。

 

 

・葉っぱが枯れてしまい根元からしおれている。:水切れもしくは、温度不足によるものと考えられます。根元から新しい芽が出ている場合には10℃以下にならない場所に移し替えてください。

 

 

・病気になったり虫が付いてしまった場合:市販の防虫剤を使うか、その部分を取り除いてください。

 

 

肥料は夏場〜秋口にかけて月に一度程度液体肥料をあげるとミドリが長持ちします。

 

 

バリエーションも豊富!

 

選べる観葉植物の種類も豊富にご用意!ポトスやワイヤープランツのように代表的な観葉植物はもちろんのこと、テーブルヤシやコンシンネ・レインボーなど迫力のある植物、またアスパラガス・プルモーサスなどの珍しい植物もあります。

 

 

単品で飾るもよし、複数の植物を寄せ植えのようにして飾るもよし!

 

 

日々の生活に元気をあたえてくれる「ミドリエデザイン」で他とはちょっとちがう独創的なインテリアを楽しんでみませんか?

 

土の代わりとなる新素材・パフカルで実現した、新発想の緑のインテリアです。

家の中に植物があると落ち着きますし、心も和みますよね。

 

 

ですが、家の中は気温の温度差があり、植物に欠かせない土があるとどうしてもハエなどの害虫も発生しやすくなります。

 

 

このため、観葉植物を置きたいけれども・・と思われている方は多いのではないでしょうか。

 

 

そこでそんな方にお勧めなのが、ミドリエデザインの観葉植物です。

 

 

ミドリエデザインは、壁がけできる観葉植物を販売しているインターネット専門店です。

 

 

今まで観葉植物と言えば、植木鉢などに入った置くタイプの物が多かったですよね。

 

 

ですが、こちらで取り扱っている植物たちは何と絵画の様に壁に飾ることができます。

 

 

その秘密は「パフカル」という土に代わる新素材にあります。

 

 

こちら、サントリーが開発した素材で、ウレタンを主に水を吸収し、分散しやすくさせる素材を混ぜ込んだものになります。

 

 

軽く、水と空気のバランスが長期間良い状態に保たれるので、頻繁に水やりをする必要もありません。

 

 

また、土と違い、水をやったときにたれてしまう事もありませんので、お部屋を常に清潔に保つことができます。

 

 

ですから壁掛けをしても常にきれいなグリーンを手軽に楽しむことができるのです。

 

誕生日や結婚、新築祝いなど、プレゼントにもぴったりです。

まず、壁がけの観葉植物を試してみたい。という方は、「フレーム」シリーズの内から選ぶのはいかがでしょうか?

 

 

こちらはシンプルなフレームの中に、季節限定の観葉植物などを詰め込んだ商品になります。

 

 

和室にも洋室にも合うように作られているので、部屋の雰囲気を問わず飾っていただけると思います。

 

 

また、水やり専用のボトルがついているタイプの商品もありますので、フレーム観葉植物初心者には取り扱いやすい物が揃っています。

 

 

少しフレームにもこだわりたい。という事であれば「プレミアムフレーム」の商品がおすすめです。

 

 

こちらはフレームの素材にこだわった壁掛け観葉植物を入手することができます。

 

 

四角だけでなく丸形フレームもありますので、自分好みの観葉植物を見つける事が出来るかと思います。

 

 

そして、全く観葉植物を育てた経験がないので、まずは小さい物から・・と思われている方にもおすすめの商品があります。

 

 

それは「コミドリ」です。

 

 

こちらはなんとマグネットタイプの入れ物に小さい観葉植物が入っているので、壁ではなく冷蔵庫などで楽しめるタイプの物です。

 

 

手のひらサイズの観葉植物ですので、手軽に緑を楽しみたい方におすすめです。

 

 

この様に、様々なタイプの観葉植物がありますので、お気に入りの品が見つかるかと思います。

 

 

どの植物にもメッセージカードを付ける事ができますので、プレゼントとしても喜ばれる1品ではないでしょうか。

土のようにボロボロと崩れることもないので、クリーンです!

お部屋の中にグリーンを取り入れて、ガーデニング気分を味わいたい人、スモールビジネスでオフィスに緑を飾りたい人、カフェやギャラリー、スクールにも、ちょっとした空間に緑があるとほっとしますよね。

 

 

緑のディスプレイが気になる人に人気なのがミドリエデザインです。

 

 

大型の観葉植物と違い、フレームに入った絵みたいに、壁にかけたり、デスクに置いたり、限られたスペースでもどこにでもフィットするのが、ミドリエの良いところです。

 

 

設置場所や用途に合わせて、好きなグリーンが選べるし、手間もかからないのがいいんです。

 

 

フレーム、グリーンフレーム、コミドリ、カセットとさまざまなタイプがあり、好みに応じて好きな緑を選べます。

 

 

壁に飾るという新しい発想なので、床面積が限られているお店などでも便利に飾れます。

 

 

以前のように大型の観葉植物を枯らせないように気を使いながら面倒を見るのではなく、手入れがしやすいようになっています。

 

 

フレームの場合は、給水口から水をあげます。水量の上限に目盛りがあるので、水のやりすぎも防げます。

 

季節ごとの植え替えは、パフカル苗の取り換えだけなので手軽です!

プランツに飽きたり、枯れてしまった時には、植え替えする苗だけでも売っているので、増やしたり、コーディネートしたりといった楽しみも増えます。

 

 

きれいな緑色のプランツって、部屋のムードが明るくなるし、ちょっと薄暗い印象のお店には、清潔感や元気な感じも加わるので、うれしいですよね。

 

 

場所を取らずに、すぐに観葉植物を室内にプラスできるので、デスクの上やカウンターの横、壁などに飾って楽しめるんです。

 

 

入れ替え苗は、オキシカルジューム、ペペロミア・プテオラータ、ハツユキカズラ、グズマニア、テーブルヤシ、シェフレラ・コンパクタ、コンシンネ・レインボーなど、おなじみのグリーンのミニサイズを中心に、様々な色やテクスチャーのものが揃っています。

 

 

単品でも、組み合わせても、フレーム一つでも複数並べても楽しめるので、ディスプレイのイメージが膨らみます。

 

 

まとめ買いで送料も無料。メンテのしやすいグリーンを探している人にもおすすめです。